方法と費用は

1980年代ごろから一般的になってきました

インプラントはチタン製のネジ型の支柱を骨に埋め込み、その上に義歯を作る歯科治療です。1950年代に、チタンが骨と結合する性質が発見され、その後歯科治療に応用されることになりました。1980年代から日本でも一般的になってきました。 歯を抜歯した後に、義歯をいれる場合、両隣の歯を削り義歯を支えるなど、健康な歯を犠牲にするしかない場合があります。そこでインプラントは、抜いた歯の部分に支柱を入れ、その上に義歯を装着します。骨に結合した支柱に支えられているので、ブリッジや入れ歯のよりも噛む力が強くなり、他の歯に負担をかけることもありません。 インプラントは人気が高く、若い人ほどインプラントを好む傾向にあります。

よりよいインプラント治療を目指して研究が進んでいます

インプラント治療は保険適用外のため高額の治療となっています。現在は、1本30万円から45万円と価格に開きがあります。一般に広まりつつあるため、安い価格を提示するクリニックも出てきました。インプラント治療は患者の年齢や体質、体調、歯の状態などによって、1人1人まったく違います。また手術が必要なため、持病のある人などもインプラントができない場合があります。治療期間も長く、また感染症を防ぐために定期的なケアも必要です。費用の面だけでクリニックを探すということは賢明ではないかもしれません。インプラント治療は新しい方法なので、ようやく10年たってどうなるかという事例が集まり始めたところです。過去の症例を分析し、よりよいインプラント治療に向かっている途中といえます。