骨移植が必要な場合

あごの骨を強化すること

インプラント治療においてはあごの骨の状態が重要なこととなります。人工の歯根を埋め込むことができる強度を有していることが求められます。 しかしながら、あごの骨は使っていないと衰えていき、インプラント治療が必要な部位に十分なあごの骨がなければ治療することが困難となります。そのようなケースを防ぐために現在では骨移植が行われています。骨移植とはどのようなものであるのかというと、患者自身の骨を移植する方法があります。メリットとしては自身の骨であることから、拒否反応を示すことがないということです。もうひとつの方法は炭酸カルシウムなどで製作された人工骨を移植するというものです。自身の骨と人工の骨を組み合わせて移植することもあります。

インプラント治療の骨移植

このような骨移植はインプラント治療を受ける歯科クリニックにおいて受けることができます。 あごの骨が十分であるかどうかについては実際に治療を開始する前に実施するレントゲン検査などで分かります。そのため、あごの骨が不足すると判断された場合には骨移植をいつ行うか検討することとなります。人工の歯根を埋め込むための手術に先だって行われることもあります。そうすることで治療の回数を減らすことができます。 なお、インプラント治療における骨移植の方法にはさまざまなものがあります。治療の方法や治療する部位によってその方法は異なります。そのため、まずはレントゲン撮影やCTなどを参考にして最適な検査を受けることが重要なことであると言えます。